82回目の泡盛テイスティングの会は、久米島の酒造所 久米島の久米仙さんのこちらの4銘柄を準備しました。左から IMUGE(イムゲー)25度 ※スピリッツ 久米島の久米仙8年古酒 43度 久米島の久米仙 30度 久米島の久米仙でいご 35度...

沖縄には行ってみたい観光地がたくさんあると思いますが、お酒好き・泡盛好きに是非おすすめしたいのが島酒ツーリズムです。泡盛の酒造所見学にハマって45ヶ所を訪ねた泡盛マイスターがオススメの酒造所、見学を楽しむポイントを紹介します。

シャリシャリに凍らせた泡盛仕込みシークワーサー
泡盛とシークワーサーは鉄板の飲み方ですよね。カットして果実をそのまま水割りに入れたり。飲みやすいだけじゃなくて果汁を搾ってしっかりとした酸味を味わうのもお好みで。久高島土産の生搾り果汁で割ったらイシキ浜で見た神々しい朝日を思い出しました。

菊之露80th記念オトーリグラス
夜のトライアスロンと恐れられる宮古島独特の泡盛の飲み方、オトーリ。オトーリ廃止決議をしたその日の夜にオトーリを回したという上野村議会の真実は??未体験なので本で得た情報が中心ですが、宮古島名物オトーリついて調べてみました。

泡盛好きがこうじて、司法書士が酒販免許を取ってまで造ったオリジナル泡盛です。 ・・・? という反応がほとんどだと思いますので(苦笑)、こういった疑問を解消できるように記事にまとめました。 記事の内容 どんな泡盛なの?味は? 手造り?メーカー別注? ラベルを変えただけ? 司法書士がなぜ造ろうと思ったの? 売れてるの?どこで買えるの?

泡盛を飲んでいると、あるタイミングで気がつくはずです。ドリンクメニューに「〇泉 3年古酒」や「〇波 5年古酒」とか、古酒という文字があることに。 古酒というのは読んで字のごとく古くなった泡盛?寝かせると美味しくなるの?さらに高くなるの?...

蒸留器@八重泉酒造
泡盛や焼酎を飲んでいて減圧や減圧タイプという言葉を耳にしたことはありませんか? これは蒸留方法の1つで一般的な蒸留方法である常圧(じょうあつ)蒸留に対して、減圧(げんあつ)蒸留のことを指します。...

【60度の泡盛!?】与那国島で造られる花酒(はなさけ)。その由来や泡盛との違い、造り方、オススメの飲み方を泡盛マイスターが紹介します。

81回目の泡盛テイスティングの会は、な!なんと!はじめて泡盛メーカーさんをお招きして開催することができました。 記念すべきお一人目のゲストは瑞穂酒造の本田さん。カリスマ営業マンとしてその名を全国に轟かせています(^^) 今回テイスティングする泡盛は瑞穂酒造さんのこちらの4銘柄を準備していました。 エンダー 25度 美ら燦々 30度 瑞穂熟成3年古酒 43度...

泡盛マイスターは泡盛全体を応援する立場なので、どの泡盛が好きとか美味しいとか言うべきではないという先輩方の教えを守ってきましたが、泡盛マイスターだからこそものすごく聞かれます。言わないと「実は詳しくないんじゃないか?」と思われることさえあります(苦笑)...

さらに表示する