サイズはミニでも侮れない泡盛達

大阪泡盛の会のメンバーTさん曰く「いままでで一番美味かった泡盛はミニボトルの泡盛だった・・・」

 

そのミニボトルというのは、とあるバーで飲んだかなりの年数を重ねた菊之露(一般酒)だったそう。

 

バニラエッセンス入れた?

とマスターを疑うぐらいの強いバニラ香を放っていたとか。 

 

それほどまでのバニラ香というのは狙っても出るものじゃないと思うので、古酒というのは面白いというか、奥が深いというか、摩訶不思議(*_*)

 

ミニボトルをお土産用などと侮ると痛い目にあいそうですね。でもお土産でもらったミニボトルは忘れられたまま長いこと熟成されている可能性が高いので極上の古酒に出逢えるかもしれません。

 

ミニボトルの「南の誉(30度)」・龍泉酒造も極上の古酒に育つことを夢見てしばらく忘れておくことにしますか。


お土産にもいいけど自分用にもジャストサイズ

100mlだから晩酌で飲むには足りないけど一人でサクっと飲みきれるので、それはそれで色んな銘柄を楽しむには逆にこのサイズがありがたい。一升瓶しかない銘柄だとしばらくは他のに手を出せないですからね~。 

 

しかーも!中には売れ残って古酒になったり既に終売となっているものも。↓この「久米仙 仙華(30度)」・久米仙酒造も2008年に終売になっているよう。

 

ミニボトル(これは500円弱)は価格は割高ですが、全銘柄制覇を狙うにはサイズ的にもってこいなのとレアな銘柄を探すのにミニボトルは狙い目なのです。


ミニボトルはどっち?

よくあるミニボトルは一升瓶か三合瓶がモチーフですがこれは四合瓶なんでしょうか?キャップ周辺だけだと四合瓶と見分けがつかない!

 

 

 

実はこう並べて撮ってました(笑)。

100ml入りなのでミニボトルということにしておきますが、ミニボトルにしてはかな~り骨太ボディの「琉球ゴールド(古酒・30度)」・新里酒造です。

 

ちなみに古酒です。ミニボトル事情に詳しいわけじゃないけど、ミニボトルはやっぱり一般酒(新酒)が多いので古酒は珍しいですね。

探せばまだまだ面白いものが見つかりそうなので、ミニボトルをコレクションするというのも面白そう。大量に集まったところでスペースもそれほどいらないので現実的ですしね(^^)


まもる君とまる子ちゃん

「宮古島まもる君・まる子ちゃん(30度)」・宮の華
「宮古島まもる君・まる子ちゃん(30度)」・宮の華

泡盛のミニボトルは沖縄旅行のお土産に最適。邪魔にならないし、見た目もかわいいので飲めない人にも喜んでもらえます(と思っています)。

 

ミニボトルは100ml入りなので1本だと飲める人にはちと寂しいけど、こんな2本セットだといい感じ。宮古島では泡盛2本を束ねるのは夫婦を表すみたいですがまる子ちゃんはまもる君の妹なんです、念のため。 

 

まもる君は警視待遇巡査長なので「交通安全のお守りにどうですか?」と書いてあるのを見た記憶があるんですが、交通安全のお守りにアルコールってちょっとどうなんでしょうね(^o^;)


出張のお供に(^^)

東京でひと仕事を終えて新大阪に向かう新幹線での2時間半。軽く一杯やりつつ弁当を食べて後は終点の新大阪までひと眠り。この一杯に泡盛を飲みたいと思うのはレアなんでしょうか?やっぱり・・・。

 

だってビール、発泡酒等はどこででも売ってて選びたい放題なのに泡盛はナッシング。なにも新幹線に二合瓶を持ちこんで飲みたいわけじゃないんです。

 

量は350mlの缶ビール一本程度でいいんですけど・・・売ってない(泣)。

 

そんな泡盛中毒者に最適なものを見つけてしまいました!「多良川」の180ml缶でアルコール度数12度に割ってあります。紙パック入りの泡盛は見たことがありましたが缶なら安定していて携帯するにも安心です。これなら家にストックしておいて出張の時に持って行けます。

 

でも新幹線で出張なんてほとんどないんですけどね~(苦笑)


こっちはスポーツ観戦のお供に

ZUISEN CUPという響きがサッカーの大会みたいですがプラカップ入りの泡盛「瑞泉カップ(12度)」・瑞泉酒造です。Amazonで買いましたが詰口年月日が予想外に古くて古酒になりかけてますよ~

プラカップといっても、もっとがっちりした作りのものもあるのに、これは華奢というか蓋にも遊びがある感じなので凍らせることも出来そうですね。今度キャンプ用に凍らせてみますかね(^^) 

それからビン・缶持込NGのスポーツ観戦にも良さそうですね、甲子園とか。

 

ちなみに泡盛の水割りは氷を入れない水割りが好きなんですが、夏場はそれだともうひとつなのでプラカップの泡盛を冷やしておくのが楽でいいですね。キンキンに冷やして置いたのを風呂上がりに飲むのが楽しみです(^^♪


ミニというにはちょっと大きめ泡盛野郎

二合瓶の蓋の開けやすさには、漏れそうで危うさすら覚えるのに泡盛野郎のとっくりの栓ががっちり締まってて、手では抜けない。

というわけでワインオープナーを投入した結果、こんな違和感アリアリの状況に(笑)

流石オープナー!あっさり開いたけどコルクが破壊されてしまった。こりゃ飲みきるしかないでしょ。といってもたかだか二合瓶(360ml)なんですけどね。(2012年3月30日)


他にも侮れない奴らがいっぱい!

文:泡盛マイスター伊藤 薫