ありがとうのラベル 宮の華

海水浴に行く家族と別れて向かうは宮の華

宮の華といえばラベル裏のありがとうのメッセージが印象的ですね。

酒造所見学ツアー第6弾、またの名を「宮古島家族旅行2014」の3蔵目は宮の華さんにお邪魔しました。

 

工場見学は原料米から拝見しました。ここに積んであったのは泡盛造りで主流のタイ米ではなく無農薬・無肥料の国産米。泡盛の原料はさとうきびと勘違いしている方も多いのですが、お米なんです。

 

一度でも沖縄で見渡す限りさとうきび畑が広がる風景を見たことがあれば、そう思ってしまうのも納得できることですが。

こちらは熊本と岡山産(だったかな?)で食用米だそう。国産米で仕込む量は年間4~5トン程度らしいので、こうして原料米を見ることができたのはラッキーでした。

 

この時点で国産米で造られた泡盛を買って帰るモードになっていました(笑)。

 

画像はありませんが原料米の傍らに精米機があって美味しい泡盛を造るため仕込む直前に精米しているそうです。これだけでも宮の華さんの泡盛造りに懸ける想いが伝わってきますね。

 

余談ですが泡盛はタイ米で造らないといけないと広く誤解されているようですが、米ならタイ米じゃなくてもいいんです!

関連記事:「【初心者向け】泡盛とは? 泡盛と焼酎は何が違うの?

 

原料米に続いては回転式ドラムと三角棚を拝見するために工場の2階へ移動します。

その後はまた1階に降りてもろみタンク・蒸留器を拝見します。一見すると無駄に上下移動しているようですが、原料米を2階に上げて製麹後に1階に下ろす様子を実際に工場を拝見するとシンプルで無駄のない配置だということがわかります。

お邪魔した時はちょうど泡盛を蒸留しているところでした。蒸留器に度数計は付いているのですがより正確にアルコール度数を把握するためにこちらの度数計を使って度数を確認されていました。 

↓こちらは余分な脂を取り除いているところです。宮の華さんは杜氏が女性、さらにスタッフの8割が女性の蔵ということがこういった細やかな作業にも表れているのを感じました。

この機械は何の機械だと思いますか?

蒸留した後のもろみを搾る機械でそれをさらにろ過することでもろみ酢が出来ます。泡盛のもろみ酢用というわけではなく日本酒造りでも使われている機械のようでした。

 

こちらは出荷を今か今かと待つ泡盛達。

一升瓶に1本ずつ化粧紙を巻いて、さらに紐で束ねて2本セットにするのは宮古島特有の包装スタイルですよね。

 

奥では女性スタッフの方が「豊見親」の斜めのラベルを一枚一枚、丁寧に手作業で貼っているところでした。

宮の華様 お忙しい中、丁寧に説明して頂きましてありがとうございました。予想通り酒造所の見学記念にと自分に言い訳をしながら無農薬・無肥料の国産米で造られた「うでぃさんの酒」を持ってフェリー乗り場に向かっていました(笑)。 

追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所になり、沖縄本島で見学のできる酒造所はほぼ網羅できたので次は離島に行ってみようと、これまた家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)一気に宮古島の7つの酒造所をまとめて見学した時の記事です。

 

これまでの酒造所見学のスタンスは見学NGの酒造所には行かない。たとえ近くまで行ったとしても写真を撮ったりすることもありませんでした。

 

そんなのは「見学ではない」と考えていたからですが、離島の場合は次はいつ行けるのかわからないのでとにかく行けるだけ行こうと決めて結果的には宮古島にある酒造所を全部まわりました。

 

だから見学とは名ばかりで、酒造所の前まで行って、行った証にとにかく写真を撮って帰ってきた所も少なくありません。

 

離島(宮古島)の離島である伊良部島にある2つの酒造所は見学可能なので、宮古島の酒造所見学のメインはこの日と言っても過言ではないのに来てましたね台風が。。海水浴に行っていた家族はというと案の定、風が強くて早々に海から上ったようでした。

 

今では伊良部島へは伊良部大橋で簡単に行くことができますが、このときは開通の約4ヶ月前。心配していたフェリーの欠航は何とか免れてお邪魔することができました。訪問日:2014年10月3日

宮の華@伊良部島
宮の華@伊良部島