土の匂いがすると噂の泡盛。白百合の噂は本当なのか??

酒造所見学ツアー第7弾、またの名を

「石垣島泡盛強化合宿2015」の3蔵目は

あの白百合の池原酒造所さんです。

 

なんというか想像していたよりも

ずっと街中にありました。

 

代表銘柄が「白百合」

というネーミングなので

 

白百合が咲く野原の中にある酒造所を

勝手にイメージしていたのでした。

 

建物の雰囲気はイメージと合うだけに

さらに裏切られたような感じ(笑)

 

もちろん勝手に思い込んでいた

僕が悪いんですが、

 

野原の中というのはともかく

車を停めるスペースぐらいは余裕で

あるだろうと思っていたけど

全然なかった~

 

もしかしたら建物の裏側にまわったら

駐車場があったのかもしれませんが

 

慣れないレンタカーで慣れない狭い道に

入るのに気後れしてしまいましたね。。

 

ほんの僅かな時間でしたが酒所所を撮影して

こちらの白百合晩酌セットが買えました(^^)v

嬉しくってホテルの壁を背景に撮った1枚。

 

綺麗に見えても壁紙にカビが生えていますね。

まさか黒麹菌!!って何の話?笑

 

思い入れのある白百合だけに

あの個性的な味わいが生まれる工場を

いつか拝見したいと思っていますが、

 

見学どころか工場の建物も確認することが

出来なかったけど、今回は晩酌セットが

買えただけで満足です(^^♪

 

この時のミニボトルは今では泡盛講座に毎回

小ネタとして登場するほど大活躍しています。

 

このミニボトルが手元にあったからこそ

思いついたネタなので感慨深いです(^^)


追記

泡盛の酒造所見学でお邪魔した蔵は20箇所。

沖縄本島で見学できる酒造所は網羅できたので

 

次は離島に行ってみようと宮古島に続き、

また家族旅行に絡めて(家族を巻き込んで)

一気に八重山の7つの酒造所をまとめて

見学した時の記事です。

 

7月に控えた泡盛マイスターの技能競技大会で

上位入賞を果たすべく、今回の酒造所見学を

「石垣島泡盛強化合宿2015」と位置づけて

石垣島で泡盛漬けの6日間を過ごしました。

訪問日:2015年6月6日

 

関連記事:泡盛マイスター日本一への挑戦2015

白百合で有名な池原酒造所
白百合で有名な池原酒造所


すべてはここから始まった!白百合との出会い

扇町の沖縄料理店「てぃーあんだ」

(おばあのバーの方)で

 

ママに泡盛のお薦めを聞いたら

 

「癖があるけど・・・」

 

という前置きがあって出てきたのが

「白百合(30度)」・池原酒造所でした。 

 

はじめて白百合を口にした時、個性的な

お味についての素直な感想は・・・

  • かびくさい
  • 土臭い
  • 泥水飲んでるみたい
  • 友達の家の小屋の匂い
  • 台所の床下収納の匂い などなど。

名前に似合わず・・・

癖が強すぎやろ~(笑)

と思いました。

ごめんなさん悪気はありません。

正直なだけです。 

 

でも。

 

「癖があるけどハマるとこれしか

 飲まなくなる人もいるから」

 

とママが言っていた通り、日に日に気になって

わしたショップで買ってしまいました。

 

家で飲んでもやっぱり癖がありました。

 

でも・・・

嫌じゃない、むしろいい(^^)

ラベルの容量のとこを上からシールを張って

直しているところからしても、

 

正真正銘の「手造り泡盛」

なんだろうと思いますが、

 

手造りだからこの味になるんでしょうか??

白百合は甕で熟成しているみたいなんですが、

ネットで見つけたあるブログで白百合のことを

「甕臭(かめしゅう)」と表現してましたね~

 

泡盛なので沖縄のやちむんで飲んでみました。

これは沖縄に行くたびにお邪魔する

やちむんの工房壱さんで買いました。

 


白百合の個性的な味わいは

甕熟成だからなんじゃないか?と、

とりあえず自分を納得させました

(2010年12月4日)

追記

個性的な味わいの泡盛、白百合との出会いが

僕が泡盛マイスターを目指すきっかけです。

 

だから白百合は僕の泡盛人生の原点と

いえる泡盛です。

 

関連記事:僕が泡盛にハマった理由 なんで泡盛なの? 

 

これは2010年当時のアメブロの記事を

そのまま転記しています。

 

ガラケーで撮った荒い画像だし

泡盛のことが右も左もわからない時に

書いた時のまんまなので恥ずかしいですが

 

当時を懐かしむ気持ちと泡盛初心者の方にも

共感してもらえればと思いあえてそのまま載せています。

 

白百合は僕が大好きな泡盛のひとつなので

くれぐれも誤解の無いようにお願いします(^^ゞ


43度の白百合の古酒も魅力的

こちらは先日の勉強会で飲んだ

「白百合(古酒・43度)」・池原酒造所です。

 

勉強会というのは泡盛マイスターの筆記試験に

挑戦するSさんのために筆記試験対策をしよう

ということで集まったものの

 

なんだか単なる飲み会になってしまった

集まりです(苦笑)

 

白百合ファンに言わせると

「白百合を飲むなら古酒よりも新酒だろ?」

というご意見があるようですが、

 

個人的には声を大にして言いたい!!

「新酒もいいけど古酒もいい」

 

古酒よりも新酒が良いという理由は

 

白百合ならではのあの味わいが、

古酒になるとマイルドになってしまうから

ということだと思いますが、

 

白百合の43度は度数が高い分だけ

あの白百合らしい味わいが・・・

ガツンとくる!!

ので白百合の古酒も味わい深くていですよ。

 

数年前からマイルドな印象の味わいに

 

変わってしまいましたが、

  • 白百合ファンには説明不要!
  • 知らない方には説明不能!笑

 

まだ未体験なら白百合の個性的な味わいを

ぜひ一度味わってみて欲しいです(^^)