【初心者向け】泡盛とは? 泡盛と焼酎は何が違うの?

「泡盛って焼酎みたいですね」

と、いいお店だと気に入っていたある割烹の大将に言われたときは正直、ひっくり返りそうになりました。

 

というのもお店の雰囲気からして日本酒しかおいてなさそうなのに焼酎(芋や麦など)もおいてて、1種類だけですが泡盛もおいていることも気に入ってる理由だったので。

 

わかってて泡盛をおいていると思っていたのに・・・一体誰がお酒を選んでいるんでしょうね。がっかりしました。

 

この大将のことを庇うつもりはありませんが、確かに泡盛と焼酎はどう違うの?と聞かれることは多いです。


泡盛と焼酎は何が違うの?

違うといえば違うし同じと言えば同じというと余計にわからなくなるかもしれませんが、そもそも焼酎は大きくこの2つに分類されます。

  • 焼酎甲類:連続蒸留機で蒸留したアルコール度数が36度未満のもの
  • 焼酎乙類:単式蒸留機で蒸留したアルコール度数が45度以下のもの

少し具体的に言えば焼酎甲類の代表的なものはホワイトリカーで、焼酎乙類には泡盛の他に芋焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎などがあります。

 

もうわかりますよね?

 

泡盛は広い意味で焼酎なのは間違いありません。焼酎乙類という種類のお酒になります。もう少し付け加えると泡盛の原料は米なので広い概念では米焼酎ともいえます。

 

じゃあ泡盛と米焼酎は同じお酒なのかというと、泡盛と一般的な米焼酎にはこんな違いがあります。

  • 泡盛は「黒麹菌」を使うのに対して、米焼酎は「白麹菌」。
  • 泡盛の原料は主に「タイ米」。米焼酎は主に「国産米」。
  • 泡盛は「全麹仕込み」なのに対して、米焼酎の多くは「二次仕込み」。

全麹仕込み:原料を全て麹にして一度の仕込みだけで蒸留する

二次仕込み:米麹を原料として発酵させた一次もろみに、米を加えて二次もろみを造ってから蒸留する

 

余談ですが泡盛マイスターの実技試験には「原材料選定」というものがあります。これは泡盛、焼酎(麦、芋、米、黒糖、蕎麦)、日本酒の7種類を判別するというもので所謂、原材料を当てるきき酒です。 

原料が違うので度数当てなんかよりは簡単そうですが、やってみると泡盛と米焼酎の仕分けが鬼門なんです。

 

泡盛マイスターが泡盛を間違えちゃいかんでしょ!と誰もが思うように実はここを間違えると致命傷になりかねない試験科目というわけです。 

 

だからこそ出題される泡盛と米焼酎は原料由来の味わいが強すぎない「減圧蒸留」で造られたわざと似通ったものが選ばれるんですけどね。前述のように違いは色々あるのに飲むとどっちがどっちか自信がなくなります(苦笑)。

 

減圧蒸留について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!  

関連記事:【初心者向け】知っておくと泡盛がもっと楽しめる重要泡盛ワード10選

 

ちなみに泡盛はタイ米で造らないといけないと広く誤解されているようですが、米ならタイ米じゃなくてもいいんですよね。


泡盛の由来は?

泡盛マイスターのテキストの中で泡盛が「RICE LIQUOR OF OKINAWA」と表現されていました。言い得て妙だなと感心した記憶がありますがそもそも疑問だったこと。

 

泡がないのに泡盛とは、これいかに

というわけで泡盛の名前の由来について見てみましょう!そもそも泡盛という名前の由来には次の4つの説があるようです。

①泡説

②原料説(粟説)

③梵語説

④薩摩説

 

①の泡説にも「強い酒を注ぐと泡立つことから泡盛という名前になった」という説と、「蒸留する時に泡が盛り上がったから」という説があります。

 

昔は40~50cmぐらいの高さから椀に注いでその泡立ち具合からアルコール度数の強弱を計っていたそうですし、泡盛はアルコール度数が高いほど蒸留する際の泡立ちがいいみたいです。個人的には度数の高さと泡立ちのよさはあまり関係がないような気がしますが。

 

②の粟説は「粟で酒を造っていたから泡盛(粟盛)という名前になった」という説です。昔の文献によると琉球国の時代は泡盛の原料として米と粟が支給されていたそうです。現在、泡盛の原料といえばほとんどがタイ米ですが、タイ米を使うことが定着したのは昭和初期と言われています。

 

また戦後の沖縄では米を原料とする酒は少なく、サトウキビ、砂糖、果物、メリケン粉、チョコレート等、発酵するものであればなんでもありで原料にしていたそんな時代もあったようです。

 

③は「古代インドの文語である梵語(サンスクリット語)では、酒のことをアワムリというので『アワムリ』から転じて『アワモリ』になった」という説。

 

④は「薩摩藩が九州の焼酎と区別するために泡盛と命名した」とする説。

 

現時点では①の「泡説」が有力視されているようですが実のところはっきりしていないようです。

 

ところで↓こちらの泡盛のラベルですが商品名がシンプルに「泡盛」となっています。

これはシンプル過ぎですね(笑)。日本酒とかワインとかしか書いていないお酒が売っていたらと想像するとちょっと違和感がありますよね。でもお土産用ならわかりやすくていいのかなと思います。 

 

このネーミングにした由来がかなり気になる今日この頃です(^^♪


画像でわかる 泡盛ができるまで

泡盛マイスター教本で紹介されている泡盛造りの工程は全部で16工程。泡盛マイスターの勉強をはじめた頃はそういうものかなと思っていましたが、40箇所以上酒造所見学をしているとどうにも解せないところもちらほら。

 

例えば【1】泡盛好適米 は工程とは違うと思うし【6】麹づくり と【7】泡盛麹 は同じような気がします。

 

【1】泡盛好適米(原料)

【2】洗米 

【3】浸漬・水切り 

【4】蒸し 

【5】泡盛菌の種付け 

【6】麹づくり 

【7】泡盛麹 

【8】仕込み水 

【9】泡盛酵母 

【10】モロミ 

【11】発酵 

【12】蒸留

【13】泡盛原酒 

【14】貯蔵・熟成 

【15】調合・濾過 洗瓶 瓶・甕詰め 箱詰め 

【16】出荷

 

出典は沖縄県酒造組合連合会(現沖縄県酒造組合)のHPと書いてあったので、HPである「泡盛百科」を確認すると次の8工程が紹介されていました。いつのまにか半分になっていました(笑)。

 

8工程の方がシンプルなのでどんな流れで泡盛ができるのかがわかりやすいですね。でも項目だけではイメージしにくいと思うので泡盛造りの工程を画像とともにわかりやすくご紹介します。大規模な工場の設備では壮大すぎてわかりにくいだろうと思ったので毎年手造り泡盛体験をしている忠孝蔵での泡盛造りの画像を選んでみました (^^♪


【1】洗米

3人で洗米すると・・・芋洗い状態。
3人で洗米すると・・・芋洗い状態。

【2】浸漬(米を水に浸すこと)

これはシー汁で浸漬したものです。
これはシー汁で浸漬したものです。

【3】蒸し

3人で蒸すと・・・漢く祭(おとこくさい)。失礼しました。
3人で蒸すと・・・漢く祭(おとこくさい)。失礼しました。

【4】黒麹菌の種付け(米麹づくり)

3人で種付けすると・・・メッチャはやい!
3人で種付けすると・・・メッチャはやい!
そして3人で造るとどうしてか笑顔になる(^^♪
そして3人で造るとどうしてか笑顔になる(^^♪

【5】もろみ(水と酵母を加えアルコール発酵)


【6】蒸留

一緒に造った泡盛の蒸留に立ち会ってくれた潮平さん
一緒に造った泡盛の蒸留に立ち会ってくれた潮平さん

【7】熟成(割り水して度数調整)


【8】容器詰め(銘柄によってはさらに割水をして度数調整し、詰める)

毎年造っている手造り泡盛がズラリ
毎年造っている手造り泡盛がズラリ

余計な文章を省いて見るだけで泡盛造りの工程がイメージしやすい画像を選んだつもりです。泡盛造りの工程についてより詳細に知りたい方はこちらの体験レポート(忠孝蔵で手造り泡盛体験 俺の泡盛2011)をご覧ください。


動画でわかる 手造り泡盛体験

僕が泡盛造りを体験している様子を忠孝酒造の井上さんが動画で紹介してくれています。何回目の体験だろう?いつ撮られていたのか全然記憶にない(笑)。

文:泡盛マイスター伊藤 薫